焼酎の器 トップページ 買い物かご 通信販売法に基づく表記 プライバシー
top image
お問い合わせ〜電話:0995-78-2040、FAX:0995-78-2340

店長コラム

  春よ来い、、

 お久しぶりです。正月、正月と騒いでいたら、2月も半ばになりました。
今年は、未年で 前途羊羊(ぜんとようよう)の1年になるように新作をどんどん
造り発表し、ますます皆様に楽しんでいただけるよう頑張ります。よろしくお願い申し上げます。
まだまだこれから寒い日が続きますのでご自愛くださいませ。


2015/2/8


  節分

本日まほろばの里のレストランで恵方巻きを
買いました♪
いつもご飯は1人なのでちょっと特別感を出す
ためテレビを切り、iPhoneも触らずもくもくと
(o^u^o)いただきました。
皆さんにもたくさんの福が訪れますように…

巻き寿司の横にいる鬼はアンパンです。
角はとんがりコーン。頭に食い込んでおります。



2013/02/03


  1月 行くε=ε=┌(・ω・)┘

こんにちは。

陶芸教室の梅の花がぽちぽち咲いてきました。
最近は天気が良く、外へのお出かけも気持ちがいいですね。

ただ今陶芸教室の外壁を改装中です。そのため、まほろばの里の
出入口近くが、車で通りにくくなっております。行き帰りの際は
お気をつけ下さい。大掛かりですがバッチリ営業してます!´ ▽ ` )
部屋を温めてお待ちしております(^ ^)
2013/01/30


  登り窯焚きの様子。

「炎舞」(この時、房内の温度は1190度でした)
2011/04/24


  登り窯焚きの様子。

「炎と自燃斎」
2011/04/24


  2011春の登り窯焚き

先日、「2011春 天降川焼三連房登り窯焚きinまほろばの里」をいたしました!
4月21日火入れ〜22日焚き上げ〜23日火止めまで、実に50時間以上の窯焚きでございました!
今回も「凌炎・自燃斎・敬林」三先生渾身の作品が沢山入っていますので、窯開きが楽しみです!
只今ゆっくり寝かせ中で、26日に房を開いて、27日にお目見えですよ〜!
2011/04/24


  新燃岳終息祈願祭

皆様こんにちは!焼酎の器 宮田です。
1月27日に新燃岳が噴火して以来皆様からの温かいお言葉、また激励を頂き、誠にありがとうございます!
ここ霧島高原方面は、幸いにもそれ程噴火による被害はございません。

しかし、まだ皆様の記憶にも新しい、昨年春に発生した「口蹄疫」、また作冬より続く「鳥インフルエンザ」、そして今回の「新燃岳大噴火」と、宮崎・鹿児島両県では様々な災害に見舞われており中々安息の日が訪れません。

そこで霧島と共に生きる方々が立ち上がり「新燃岳終息祈願祭実行委員会」をつくりまして、霧島神宮で「新燃岳終息祈願祭」が行われる運びとなりました!

古より霧島山に鎮座され、環霧島の人々に縁のある霧島神宮で祈願祭を行い、
「災害・噴火」の1日も早い終息と、更なる地元地域の復興、活性化を祈願いたしたいと思います。



↓詳細はこちらをご覧下さいませ↓
http://www.kagoshimastart.com/shinmoedake/
2011/03/07


  新燃岳8日ぶりに噴火

いつもありがとうございます。宮田です。
先程11時半過ぎに新燃岳で8日ぶりの爆発的噴火がありました。
ココ「まほろばの里」の工場内に居たのですが、
耳が詰まる感じがするなと思った直後、轟音と共に建物が揺れました。

また週明けに雨が降るみたいなので、大変心配でございます。
2011/02/11


  新燃岳

先月26日に新燃岳が噴火いたしましてから、たくさんの方にお励ましのお言葉を賜りまして誠にありがとうございます。
「焼酎の器」があります霧島温泉郷近辺は幸い風向きにより降灰等の被害は少ないのでございますが、やはり山まですぐ近くなので非常に緊張いたします。
今朝8時少し前、通勤中に急に耳が痛いな〜と思いましたら、「どん!」と言う音とともに、車が揺れました!
2011/02/01


  2011新春窯開き!

1月7日に無事「窯開き」いたしました!
早速本日8日より窯出し即売会をしております。
登り窯でしか出せない自然が作り出す独特な風合いの焼物を是非ご覧になってください!


2011/01/08


ページトップ
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]
次の 10 件
通信販売
徳利焼酎
徳利焼酎
徳利から注がれる手間ひまかけたこだわりの焼酎。今宵の一献どうせ飲むならいにしえ人の風情も一緒。
猪口
猪口
手に持つ猪口に注いだ焼酎。通人は少しずつ口に注いで香りとまろやかな風味を楽しむ。
千代香
千代香
本格焼酎の故郷鹿児島に古くから伝わる酒器の代表格。使い込むほどに独特のコクと旨味を滲み出す。
からから
からから
長い間幅広く愛用されてきた鹿児島・沖縄地方特有の酒器。注ぎやすく倒れにくい安定した形状。
そらきゅう
そらきゅう
注がれたら飲み干さないと置くことが出来ない。宴の席に欠かせない遊び心のある猪口の傑作。
盃
口元に運んでくれる様々な形の器。形や大きさ、傾け方によって微妙に異なる味わいを愉しむ。
徳利
徳利
燗をして、猪口に注ぐ時の音の響きを愉しむ。注いだ後の味を愉しむ。焼酎の2つの楽しみ。
サーバー
サーバー
瓶による熟成と実用を兼ね備えたサーバー。減った分をすぐ補充する「仕次ぎ」が熟成効果を高める。
セット
セット
焼酎の好きなあの人に...贈って笑顔で飲み交わす。まとめて揃る...それも焼酎通の第一歩。
その他
その他
焼酎の味わいをより一層深めるために。通人が求める酒器には欠かせないこだわりの道具。
薩摩切子
薩摩切子
焼酎愛飲者ならいつかは手にしたい薩摩切子。焼酎と共に育む贅沢なひとときを。
宙吹きクリスタル
宙吹き
硝子ならではの重量感、光沢、透明感。グラスの中の氷が奏でる鈴のような音。
copyright